小野澤裕子建築設計事務所

東京都多摩市の一級建築士事務所

白糸台の家

間口がニ間の細長い住宅です。

敷地内に一台分の駐車場を確保し、且つ建築面積いっぱいに建物の計画をしたかったので、2階バルコニー部分を1.36mの片持ちとしました。
外装材を2色使いとし、張り分けることで片持ち部分を強調。
また両隣との建物間は60cmで東西からの日差しは期待できないため、南側に大開口を計画。
南側に建つマンションからの視線を遮るため、ルーバーを設置しました。
大開口と縦に伸びるルーバーにより天井高さを強調し、さらに床が続いているバルコニーによって広がりのある気持ちのよいリビングとなりました。

photo:平井 広行